幼稚園経営計画

さまざまな体験を通して学ぶ幼稚園!

白金台幼稚園はたくさんの木々に囲まれた園庭があり、日々の戸外での活動の中で、自然から学ぶこと、学ぶ意欲と学習の基盤を培います。友達と一緒に生活する中で思いやりの気持ちや規範意識をはぐくみます。 そして子どもの個性を大切にしながら、一人一人のよさを伸ばしていくように教育活動を進めていきます。

※ 平成29年度港区立白金台幼稚園経営計画はこちらをご覧ください
 

教育目標



人間尊重の精神に基づき、主体的に園生活に取り組み、自然豊かな環境の中で、遊びを通して、豊かに感じよく考え、学ぶ幼児を育成するため、次の目標を設定する。
 
 
やさしい子 よく考える子 元気な子


3歳児の目標


  • 教師との信頼関係を基盤に、自分のことを自分でしようとする態度を養い、必要な生活習慣を身に付け、自分でできる喜びを味わえるようにする。
  • 安心して自分の思いを出し、遊ぶ楽しさや伝わる喜びを味わえるようする。
  • 戸外で体を動かしたり自然に触れて遊んだりする中で、夢中になって遊ぶ楽しさを感じられるようにする。

4歳児の目標

  • 互いの思いや考えを十分に出し合える温かな関係を作り、自分たちの生活に必要なことに、喜んで取り組めるようにする。
  • 様々な遊びに取り組み、思い切り体を動かしたり、表現したりしながら、友達と関わって遊ぶ楽しさを味わえるようにする。
  • 身近な自然に自分から関わる中で自然の変化や不思議さ等に気付き、興味や関心を深められるようにする。

5歳児の目標

  • 一人ひとりが自分の力を十分発揮するとともに、友達と互いの違いやよさを認め合いながら、園生活を創り出す喜びを味わわせ、協働性を養えるようにする。
  • 目的に向かって粘り強く取り組み、満足感や達成感を味わい、自信をもてるようにする。
  • 身近な自然現象を自分たちの園生活に取り入れ、疑問を追究したり、関心を深めたりする。
 

沿革


昭和49年  4月 1日
東京等港区立白金小学校内に併設園として開園(東京都港区白金台4-1-26)
学級数2 4歳児学級76名
初代園長 若槻 信男 就任
昭和49年  4月 9日
第1回入園式
昭和49年 8月29日
東京都港区白金台3-7-1に移転
新園舎引き渡し式
昭和50年 1月25日
5開園記念日制定
昭和51年  4 月1日
第2代園長 齋藤 主 就任
昭和54年 1月25日
5開園5周年記念式典挙行 園歌制定
昭和57年  4月 1日
第3代園長 生島 信夫 就任
昭和59年  4月 1日
東京都港区立白金小学校より独立
専任園長として 第4代園長 露木 和子 就任
昭和61年11月20日
港区教育委員会研究奨励園研究発表
主題「幼児一人一人が自主的に活動するための指導」
平成元年  1月24日
開園15周年(独立5周年)記念の会
平成 2年   4月 1日
第5代園長 高村 慶子 就任
平成 5年 12月 4日
開園20周年記念式典挙行
平成  8年  4月 1日
第6代園長 森田 文江 就任
平成 9年11月21日
港区教育委員会研究奨励園研究発表
主題「幼児が心弾ませて生活する幼稚園を目指して」
平成12年  4月 1日
第7代園長 菅宮 倫代 就任
平成14年11月21日
港区教育委員会研究奨励園研究発表
主題「幼児が心弾ませて生活する幼稚園を目指して
―自然に恵まれた園庭を生かした保育の在り方―」
平成15年1月28日 開園30周年記念式典挙行
平成18年4月1日  第8代園長 尾崎 直美 就任
平成19年  9月 3日
仮園舎に移転
平成20年12月       
新園舎完成
平成21年 2月        
落成式
平成21年 4月        
3歳児j保育開始
平成21年11月19日
港区教育委員会研究パイロット園研究発表
主題「しなやかでたくましい幼児の育成
―保護者・地域とのパートナーシップづくりを目指して―」
平成22年  4月 1日
第9代園長 池田 多津美 就任
平成23年  4月 1日
3歳児定員25名から30名に増加
平成24年 2月15日
東京都公立幼稚園教育研究会 研究奨励事業 研究発表
主題「しなやかでたくましい幼児の育成
―3年保育における生活や遊びの充実に向けた環境の工夫―」
平成25年  4月 1日
第10代園長 山形 美津子 就任
平成26年 1月25日
開園40周年記念式典挙行
平成28年 4月 1 日 第11代園長 新井 智子 就任
平成29年 4月 1 日 3歳児1学級増加 全学年2学級となる

 
 

学級編成

【学級編成】
組  
定 員
年 少44名(2クラス)
年 中60名(2クラス)
年 長
60名(2クラス)
 

園児募集

入園募集の詳細につきましては、「広報みなと」をご覧ください。